ホホバオイルをブースターに

自分にあった化粧品を探すことは人生のテーマかもしれないと思うほど化粧品難民です。ときにはオイリー肌でTゾーンが脂っぽくなったり、秋から冬は乾燥が気になったり。美白、シミ、シワ、とにかく効果が現れるものならすべて試したいけれどなかなかそれはできません。値段が高価なものも普段使いはできず、手頃で使えるものの中から自分好みのものを使用してる方も多いはずです。参考サイト→すっぴんスキンケア

とくに一年通して保湿ケアは重要で、肌トラブルは乾燥からくるとも言われるほどです。そこで使い始めたのがホホバオイルです。洗顔後、化粧水でお肌に水分補給をします。惜しみなくバシャバシャ浴びるように化粧水で潤わせたあと、ホホバオイルを数滴手に伸ばし顔全体に薄く塗ります。ホホバオイルは肌なじみがよく、そのあとにつける美容液のブースターの役割にもなります。ブースター、つまり導入液によって化粧水のあとにつける美容液がより肌に浸透していきます。年齢とともにお肌の乾燥やハリを失ってきたため、補いたい成分が含まれている美容液も使い始めました。美容液のあとは乳液でお肌に蓋をします。ホホバオイルの保湿効果とブースター効果により、お肌がやわらかくしっとり保たれるようになりました。