半日断食で慢性の便秘状態から抜け出せた

滞留便について調べているときに半日断食を知りました。

私は慢性的な便秘で、長いときは1週間、旅行の際に2週間ほど出なかったことがあります。薬やサプリはいつ便意が来るかわからず不安なので試したことがありません。また自分なりにさつまいもを食べたり珈琲を飲むと便意をもよおしやすいなどは感覚的にわかっていますが、それも慢性的な便秘で便が硬くなってしまっていると効果がありません。半日断食そのものにも興味がわいたので、本を読んで実行しました。

本格的に食生活を整えるところまではできませんでしたが、12~18時間は何も食べずに胃を休めることは徹底しました。最初はお腹がすきますがすぐに慣れ、1週間も経たないうちに毎日、少なくとも2日に1度は便意がちゃんと来るようになりました。生活が不規則なので、便意がくる時間はまちまちですが。便の質も変わりました。一食抜いているので量は少ないだろうと思っていたのですが、毎回バナナくらいのサイズのものがスルッとでます。便秘時代は、何日もためているのに量が少なかったり、固くて出にくかったのですが、それも解消できました。ほぼ毎日安定して便が出るのが当たり前の状態になったので、多少外食が続いたり、旅行でバランスが崩れてもすぐに戻るだろうと楽観的に考えられるようになりました。

これまで便秘によいとされる食べ物はほぼ試しましたが、効果が感じられるまで長続きしませんでした。いつも便秘対策の食材を買い置きしなければならないのも面倒で続かなかった理由なので、半日断食が自分にはあっていると思います。半日断食の目的は人それぞれでも体を健康な状態にすることなので、私のように便秘解消のために行う人は少ないかもしれません。が、後づけですが、便秘が解消したことで腸内の環境や生活リズムも整い、健康な状態をキープするために今は半日断食を続けています。
便秘で悩んでいる方におすすめ→こちらから